FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年間ありがとうございました。


いろいろな人に助けられ、1年が終わろうとしています。

また来年も多くに人と関わっていけると思うと本当に楽しみです。

昨年末に思いつきで、国際鉄道模型コンベンションに出展するとして

初めて単独で出展できたことは一番の出来事でした。

パソコン制御による完全自動運転については、

それほど興味のある人もいないだろうと思っていましたが、

出展することで同好の友も出来ました。



以前ほど模型を買うことはなくなりました。

所有車両の多さを競っていた時もありましたが、

いまは自分の満足できる車両があれば十分…。



来年も国際鉄道模型コンベンションに出展します。

今年とは違い、仲間がいることの心強さもありますから

さらに凝った演出をしてみたいと思っています。



ブログについても多くの方に拍手などをいただき

薄い内容ではありますが細々と続けることが出来ています。

本当にありがとうございました。



来年もよい年でありますように…。

この趣味が続けられるような平穏な世界でありますように…。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

今日のお買い物(12/22)


年末にJR西日本の225系が発売されました。
本日発売です。
さすがに関西まで買いにいけないので通販で注文しました。
レイアウトは最大6両編成ですが、駅にキッチリ停車さえしなければ(「後2両は扉が開きません」状態なら8両編成でも…)問題ありませんっ!
…というより、関西メインで考えると8両編成が基本になるのです。
関西でも、JR・阪急・京阪をメインで揃えているため、基本は8両(場合によって7両)編成なのですから。

225系が発売になると知って、買っておきたいものがありました。


■ 225系のスカートパーツを購入しました。
今日のお買い物(12/22)-1

まだ製品を手にしていないのですが、どうも関西の車両は造型がおかしいところが多い。 一番多いのはスカートが長すぎるってこと…。 Bトレ特有の磁石付連結器を通すためなのだろうか? でも関東の車両はデザイン的に破綻していないので単純に設計があやしいと思っている。 まぁそれはそれとして、スカート交換は必須となるのは見えているので市場から消えてしまう前に1セット購入。 10個入りなので1セットで十分。
どれだけ違いがあるか…というと、前例の321系で検証すると…

■ 321系のスカートで比較
今日のお買い物(12/22)-4

まだ225系のBトレが無いため321系で確認してみよう…。
左がBトレのスカート、右がKATOのASSYパーツ使用。 (やはりiphoneのカメラでは接写に限界があるかも…) 明らかに左のスカートが長いのがわかる。 ちょっと間延びしたカンジに思う。


■ 側面だってちょっとリアル
今日のお買い物(12/22)-3

左のBトレのスカートは側面のデザインが皆無にちかいが、やはりNゲージのASSYパーツは側面もしっかりデザインされている。 乗務員用の足場(?)が寸法的にもピッタリなのが嬉しいところ。 こういう例を知っているから225系もパーツ交換は必須と思うわけです。


■ まさかの京阪2600系新塗装
今日のお買い物(12/22)-2

正直に言うと京阪の新塗装はあまり好きではなかった(過去形:ここ重要)わけです。基本的にオッサンなので旧塗装の方がいまでも好みではありますが、7200系新塗装の出来がよかったので2600系新塗装も買おうとしました。 しかしタイミング悪く2600系旧塗装は3箱しか購入できず、残り2箱はどこも売り切れ(7200系は市場でまだ見かけるけど…)という状況。 仕方が無いので一時期存在した混結編成で我慢しようと思っていたのですが、アキバの某所にて定価販売されているところを発見。 これで2600系も7両編成に出来るってものです。

明日から3連休ですが、他の予定が多いため組立ては除夜の鐘を聞く頃になりそうです。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー

ハンガリーの機関車だってショーティー化


レイアウトの進展が無いのでブログも滞っています。

前回、フレキシブルレールでロングレール化を試みましたが…結果からいうとカーブは駄目です。 どうしても戻ろうとするチカラが強すぎます。 もちろん釘で止めてしまえばいいのですが、カメラカーから見ると釘はどうしても目立ってしまうので使いたくないわけで…。 仕方なくカーブ区間は従来どおりとしてハンダで固着するようにしています。

少し気分を変えるために、久しぶりに車両改造などを…。

今回の課題はハンガリーの電気機関車です。

■ 走行しないディスプレイモデルを斬ります。
ハンガリーの電機だってショーティー化(01)

デルプラドコレクションという雑誌のオマケのようなものですが、見た目はよく出来ています。 でも走行することを考えていないので台座となる線路にネジ留めされていたり…。 そんな不幸な車両を解放してあげよう…ってことです。(ショーティーにはなるけど)


■ 下回りは使えない。
ハンガリーの電機だってショーティー化(02)

とりあえず分解しますが、台枠というかシャシーは鉄製でこれはどうしても使えません。 これは諦めるしかないでしょう。 台車枠も大雑把なつくりですしホイールペースが長いのでBトレ動力にはもっていけません。 この下回りはここでサヨナラです。


■ まずはどこで斬るか…です。
ハンガリーの電機だってショーティー化(03)

長さは12cmあります。目指すショーティー化はちょうど半分の6cm。 この機関車の乗務員口はちょうど真ん中付近にありますし、シンボルマークもあるので両方を入れると破綻します。 どうしましょうか。


■ 屋根まで一体成型されている。
ハンガリーの電機だってショーティー化(04)

さらに面倒なことに屋根までがひとつのパーツになっています。 ボディーを上手に斬っても屋根上のつじつまが合わなくなります。 だんだん止めたくなってきています。 さんざんプランを練ってこれしかないというプランが出来ました。 乗務員扉までを斬らずに1回の切断で済まそう…ってことです。

ここで思い出したのが、Bトレのすべて5に掲載されていた車両。 これと全く同じのがあったはず…。 ブログで確認してみると…、やっぱり同じところで斬っている。 いや逆にいえばココしか斬る場所がないわけだ。


■ とりあえずは不必要なところは斬り捨てます。
ハンガリーの電機だってショーティー化(05)

この機関車は左右対称ではなく、点対象のデザインなわけです。 バッサリ斬ってしまうと反対側に乗務員扉がなくなります。 これではまずいので両方とも乗務員扉のある場所まで残して斬りました。 中央部分は不用なため廃棄します。


■ ヨーロッパの機関車は顔がいいね。
ハンガリーの電機だってショーティー化(06)

1両なのに2両あるようにみえる瞬間…。いまだけ…ね。 点対象とはいうものの微妙なところが違っていたりします。 さらに斬る場所で残す部分はマスキングテープで養生します。 カッターナイフが勢いあまって…という事態を防ぐためです。軽微な傷はこれで防ぐことができます。


■ さすがディスプレイモデルだな。
ハンガリーの電機だってショーティー化(07)

加工するためパンタグラフを取り外そうとしたのですが、ひとつがどうしても取れません。 もともと走行することやパンタグラフを上下することなど考えてもいんかったディスプレイモデルですから、しっかり接着剤で固定されていました。 可能なかぎり周囲を傷つけることなく時間をかけて丁寧にカッターナイフで除去。


■ 点対称になるように斬りました。
ハンガリーの電機だってショーティー化(09)

この斬り方は何度かしていますが、ホント面倒なのです。 いつもはバッサリ…なのですけど、これだと両方の長さがピッタリしないと駄目ですし、なによりヤスリがけが難しい。特に直線を出すのが至難の業。 でも乗務員扉を残すにはこれしかないわけです。


■ 屋根の部分が重複します。
ハンガリーの電機だってショーティー化(08)

側面はあの切り方で良かったのですが、実は屋根をどうするか未だ迷っていました。 両方のパンタ位置を残すか、一方を全削除するか…。両方を残すと中央部分に接合部分がきますし、しっかり長さをあわせないと隙間が目立つだけでなく、側面の接合にも影響が出ます。 結局、屋根の飾りを多いほうを残してもう一方を切除しました。


■ とりあえず仮組みです。
ハンガリーの電機だってショーティー化(10)

まだ接着はしていません。 車体の裏からマスキングテープで仮止めしている状態。 接合部もまぁなんとか…のレベルですが、この製品のプラ素材が白(アイボリー?)なので切断面が白くみえます。 ここを車体の類似色で塗ってから接着ですね。 同じ色は絶対に出せないし、この色が気に入っているので全塗装はありえませんから…。

今日は時間がなくなったのでここまで…。
続きは明日?



いつもクリックいただきありがとうございます。
出来る限り頻繁に更新していくので、引き続き応援よろしくお願いします。
順位があがると、やる気様も喜んでいただけると思います。
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー

Bトレ専用レイアウト製作記(42)


コンパクトユニトラックから線路を抜き取り、さらにフレキシブルレールを押し込みました。
押し込むだけでも一苦労。…で、押し込んだ結果がコレ。

■ 線路を入れ替えたらコレだよ。
Bトレ専用レイアウト製作記(120)

フレキシブルレールが元に戻ろうとするチカラが強すぎて…。
仕方が無いので接着剤で固着することにしますが、やはりレールの復元力が強すぎて接着できないわけで…。
かなり乱暴な技ですがガムテープでガッチリと。


■ 強引に接着して固定します。
Bトレ専用レイアウト製作記(121)

完全に固着するよう明日の昼ぐらいまで放置することにします。
それまでは車両製作でもすることにしましょう。



ランキングに参加してます。
いつもクリックいただきありがとうございます。
出来る限り頻繁に更新していくので、引き続きよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー レイアウト

Bトレ専用レイアウト製作記(41)


先日より悩んでいた問題は解決したものの次なる課題が…。

小さい車両も走りますが、主力はBトレが走るレイアウトです。
レイアウトの線形もあり短いユニトラックが多く使われていてモジュールレイアウトに比べるとジョイントがかなり多くなっています。
やっとパソコン制御による自動運転が仮線ながらできるようになったのですが、2時間ごとぐらいに脱線してしまいます。
パソコン制御による完全自動運転では脱線など許されるはずもなく、ましてや走行性能にシビアなBトレですので、思いきってロングレール化することにします。


■ ここまでは簡単なのだが…
Bトレ専用レイアウト製作記(119)

ロングレール化は今回初めてではありません。何度もやってきた方法です。
しかし、ここで問題が…。このコンパクトユニトラックが急カーブすぎてKATOのフレキシブルレールが曲がりきらないのです。フレキシブルレールそのものはPECO製品よりも柔らかいのでR150以下のカーブにも対応するのですが、製品の線路を引き抜いた跡に押し込むのがかなり困難です。土床に残されたスパイク(犬釘)の間に押し込む際、かなりのチカラを要します。スパイクが壊れるのではないか…というほどに。

それでもジョイント通過時の脱線リストを考えれば、ここはロングレール化しかないのでしょう。
電気的な閉塞が随所にあるため、すべてをロングレール化することはできませんが、コモン側の線路だけはロングレール化できそうです。レールを塗装してから押し込もうとしましたが、僅かな塗料の厚みが邪魔して押し込めません。無理に押し込むと塗装が剥げてしまいました。線路を全て押し込んだ後でないと塗装も出来そうにありません。

線路敷設までがやたらと遠いレイアウトです。

大先輩より配線のコツもいただいたので一気に信号機対応路線にプラン変更です。
(線形はそのままで閉塞区間のみ変更…)
ますます凝縮してきています。



ランキングに参加してます。
いつもクリックいただきありがとうございます。引き続きよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。