FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bトレ専用レイアウト製作記(44)


毎日ハードスケジュールな日々で、
鉄道模型に全く触れない日が続いています。
それでもJAMに出展申請したのだから、なんとか進めていかなければ…。

…ということでレイアウトを進めていますが
いまだ情景どころか線路敷設にも至っていません。
大工仕事ばかりな気がします。

現状…。

2台目のレイアウトの土台作り継続中。

Bトレ専用レイアウト製作記(126)


なにしろ奥行きが40cm程度に複線エンドレスなので
こういう具合になるわけですが、

Bトレ専用レイアウト製作記(127)


中央に高い山(崖?)を作って、向こう側が見えないようにすれば
それなりの風景になるのかも…。
JAMには自動運転していることがわかりやすい駅サイドを
表にもってくるので、バックストレート部分は手抜きも出来ますが…

Bトレ専用レイアウト製作記(128)

小川の鉄橋を作るために、また余計なことを…。

間に合わなければ、このまま出展するしかないかな…。




ランキングに参加してます。
いつもクリックいただきありがとうございます。
出来る限り頻繁に更新していくので、引き続きよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ



スポンサーサイト

Bトレ専用レイアウト製作記(43)


Bトレ専用レイアウトですが、実は継続しています。


忙しくて作れていませんでした。
それでも少しずつ進めていかざる得なくなりました。

国際鉄道模型コンベンションに出展!

を決めたからです。
エントリーを出しただけなので審査に通らないと…ですが、
昨年の実績もあるし、事務局からは高い評価をもらっていたので
とりあえず大丈夫ではないかと…。


今年は昨年比で2倍の面積、駅も2つから5つに増えます。
そして自動運転のメリットを最大限に発揮するため
今年は完全PC制御だけでなく、
完全ダイヤ運転による END to END の運転形式です。
昨年は内回りと外回りが独立していたのですが、
折り返し運転となるとダイヤ構成が非常に難しいわけで…。
(これは本業がそれの人に任せてあります。)
見所ある内容になるのではないでしょうか。


正直、今年は見送りまたは自分が作っているこのミニレイアウトで…と
考えていたのですが、仲間といろいろ相談していると前途の内容が
出来るかも…と、思い直させてくれました。
仲間には感謝っす。


基本は全線複線ではありますが、終端駅は2面3線と、1面2線。
上手にダイヤを組まないと破綻するようなカンジです。
昨年使っていた島式2面4線の緩急接続駅と、
真ん中に通過線をもつ対向2面2線はギャップ位置を変えて再利用。
(ほとんど作り直しに近いけど)


技術面は昨年とほぼ同じに近いですが、
昨年の反省点として

完全自動運転しているのが分からない。

というのがありました。
観客側から見た時に、パソコン制御で動いていることが分かりにくかったので
何もない小判型レイアウトにBトレが走っているぐらいにしか
認識されなかったわけです。
…なので、演出面をメインで行くことにします。


そして、雑誌社対策として用意するのがこのレイアウト。
昨年は、いくつもの雑誌社から絶賛といえるほどの評価をもらいながらも
ベニア平原に架線柱も無い状態でしたから
「雑誌に掲載したときの見栄えがしない。」との理由で掲載されませんでした。


今年はリベンジです。


Bトレ限定ではあるけど、
180cm×40cmのサイズで4編成(6両編成×2本、4両編成×2本)が
閉塞区間を認識してパソコンによる完全自動運転できる風景付レイアウトとして出します。
目標は、Nマガジン掲載か?

現在は2台目(左半分)のレイアウトを製作中

■配線の穴をあける準備中
Bトレ専用レイアウト製作記(122)

将来の信号機設置も考慮していると実に56箇所への給電が必要になることが…。
これを56回するのは、もう修行レベルかも…。


■隠れる場所なのでかなり適当です。
Bトレ専用レイアウト製作記(123)


■線路もハンダで固定
Bトレ専用レイアウト製作記(124)

自動運転の要はやはり通電性能。
ユニトラックの減衰率もフィーダーの位置から考えるならば対策の必要は少ないのですが
レールの継ぎ目が微妙に段差として残るため、ハンダで固着しています。
自動運転は一度でも列車が立ち往生してしまうと破綻してしまいますから
絶対に止まらない仕組みづくりが必要になります。


さて来週からは位置検出の試運転に入りつつ線路周りのバラストもしていきます。
間に合うように頑張っていきましょう。




ランキングに参加してます。
いつもクリックいただきありがとうございます。
出来る限り頻繁に更新していくので、引き続きよろしくお願いします。
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。