FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bトレ専用レイアウト製作記(107)



いろいろギミックを組み込んでいます。

今回は踏切をレイアウトに組み込んでみようかと…。
実際、レイアウトで踏切を設置する場所はありません。
…というか、現在作っているレイアウトに道路が無いのですから…。

なんとか山を削って無理やり道路を通してみようかと思います。
さて肝心の踏切ですが、これを使うことにします。

■踏切セット
Bトレ専用レイアウト製作記(370)

KATOやTOMIXの踏切とは違い、安価であることが採用理由です。
それに安価であってよかったと思うところもあります。

自動運転で踏切をコントロールする場合、通常の列車検知が使えないのです。
電圧の変動は列車検出に使うため、それは利用できませんし、
すでにレイアウトの大半が完成した時点で、
線路下にセンサーを組み込むことも現実的ではありません。
なにより光学センサー方式は夜景モードでは使えないという欠点も…。

こうなるとDCCコントロール下で列車と同等に扱うしかありません。
写真でわかるように使用電圧は9V…直接制御はできません。
いろいろ試行錯誤している途中に、デコーダを3個、踏切キットのICチップを1個焼失させています。
ブリッジダイオードを使わなかったことと、抵抗が不足してたことが原因…。

思った以上に困難を極めている踏切制御ですが、次の段階として
踏切の警報機にチップLEDの組み込みが…。

ここまでやっても、お座敷運転の踏切の方が遮断機も動くし…。
見る人にインパクトを与えることは難しいかもしれません。
いっそ遮断機のコントロールもしてみましょうか。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー レイアウト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。