FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談その45



ファンページの更新で、タキ43000が12月に発売されることを知りました。

なんだか感慨深いものがあるので少々…。

私がBトレを始めて、10年になります。
Bトレは基本フレームがあるため、
ブラインド販売の時代はセブンイレブンのコキ以外、
箱型の車両しか製品化されない時期が長く続きました。

そのため欲しい車両はNゲージ車両を改造してショーティー化していたのです。

雑談123


素人改造ゆえの粗さもありますが、
他の人が所有していない車両を運転できるのは、
少なからず優越感もあり、なかなかに楽しいものでありました。

また改造して製作した481系ボンネットが
自分がショーティー化したものと同様の窓配置で製品化された時には、
かなり嬉しいものがありました。

DD51などの凸型ディーゼル機関車は欲しい人が多くいたけれど
なかなか発売されないため、友人が製作しているのを真似て作ったり…と
いろいろ楽しませてもらいました。

昨年にDD51が発売されたのも驚きでしたが、タキまで発売されるとは…。
Bトレを楽しむ人もそれだけ増えたのだなぁ…と思います。
好きな車両を、ある条件(改造ができる技術?、Nゲージを改造できるだけの財力)を
持つ人だけが楽しめるのではなく、多くの人が楽しめるようになるのは
本当にいい方向だと思います。

ただ私的には、
「苦労してショーティー化してもどうせ製品化されるだろう」…と
以前ほどの意欲は正直なくなっています。

EF64も長い間、製品化されなかったのでショーティー化しましたが
やはりBトレとして製品化されると、窓や扉の寸法を微妙に詰めるなどした
完成度が高いものが出てくるため、どうしても見劣りするわけです。

雑談124

タキのショーティー化改造も比較的簡易ではありますが
大量に必要な車両ですから製品として入手できれば楽に楽しめます。
だから…どんどん製品化されていくことは喜ばしいことです。

それとトレードオフ的に、与えられたものでしか遊べないような
風潮が出てきているのは、ちょっと残念に思います。
付属シールでエラーではなく、自分の欲しい行き先が無いからといって…。
初期の頃はいろいろ工夫して楽しんでいたものです。
パート6の103系は非冷房なので、無理やりクーラーを搭載したりして…。

雑談125

取り留めの無い話だからこそ雑談ではあるのですが…
これだけ商品展開をしてきているのに、
基本的な性格の悪さは一向に改善していないのが気になります。
・走行性能をKATO製品なみに向上して欲しい
・正面にクリアパーツを使わないで欲しい
台車やパンタを交換してNゲージ化すると、
本物のNゲージと金銭的に変わらないレベルになっているのですから
もっといろいろ楽しめるように改善していくことを期待しています。



スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secre

No title

無いもの作る、という点でDD51などを作って遊んでいたわけですが、やはり製品が出てしまうと嬉しさ半分、がっかり半分といったところでしょうか。

誰も持っていない、自分だけのオリジナルという点に意義があったのですが、最近はだんだん意欲が薄れてきてしまいました。

ミニポイントを大量に購入してレイアウトを作る計画はあったのですが、最近は転用先としてモジュールに使ってしまおうかと思い始めました。

最近ではBトレはほとんどやっていませんが…タキが出たら…買ってしまうかもしれません(汗)

Re: No title

Kata改さん
こんばんは、お久しぶりです。
Bトレも市場が大きくなったのか、意外すぎるものが発売されるようになりましたね。
タキとかは絶対に無いと思っていたんですけどね。
うれしい反面、ちょっとショックかも…。
でも私が作っていたぐらいのショーティ化で製品になったら嬉しいです。
創作意欲を掻き立てるため、JAMが終わったらモジュールを作り始めることにします。

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。