FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bトレ専用レイアウト製作記(120)



この風景…以前にもブログに出したアレです。

■工事現場のプレハブに定点カメラが…
Bトレ専用レイアウト製作記(415)

調子にのって緑化作業をしていたら
カメラアングルにまで緑が入っていたので
草刈りをして現状復帰させました。

■緑が増えたのでより楽しい映像になった…
Bトレ専用レイアウト製作記(416)

さて、この定点カメラですが…









■やっと設置にむけて工事を開始しました。
Bトレ専用レイアウト製作記(417)

手作りのスペーサーと支持プラ板でレイアウトボードの後ろに固定
接着剤で固定したので、もう外せません。
どうせ壊れたら修理ではなくて、新品と交換なので割り切ります。

もっと計画性をもって作り始めていたら…と思いますが
まぁ十分じゃないでしょうか。

映像はコンポジット入力が2系統ありますが、
使用用途は工事現場プレハブに隠している定点カメラからの映像のみ…
ちょっとオーバースペック気味かもしれません。








■液晶画面は駅サイドの側面に設置です。
Bトレ専用レイアウト製作記(418)

もう少し大きめのサイズでも入りますが、開口部を広げすぎるとレイアウト強度にも影響します。
このレイアウトは永久設置型ではなく、常時運搬を前提としているので、これが限界。
夜なので映像が暗いですが、明るくすればかなりキレイな画像です。



■アルミ板で体裁を整えます。
Bトレ専用レイアウト製作記(419)

なんとなく、それっぽくなってきました。
もっと計画的にしていたら、コンピュータ信号を受信できるタイプにして
駅の発車案内(阪急のオーロラビジョン?)が出来ていたのに…とも思ってます。

JAMが終わった一度解体して完璧版を作ってみたい気持ちです。

スポンサーサイト

tag : Bトレ ショーティー レイアウト DCC

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。