FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bトレ専用レイアウト製作記(127)


レイアウトの前後を入れ替えてみました。

入れ替える…とは言うものの作業は極めて簡単。
設置台にキャスターが付いているので、
一人でもクルリと回転します。

こちらを表側にしたのは、
レイアウトの写真を整理しようとしていたら、
予想どおり、裏側の写真が少なかったので、これで撮り直しです。

こうして見ると後ろも見ごたえがある…と個人的に思うところ
来年はこちらを表側にしてJAMに出してみようかな…とも

■のんびり見るならこちら側
Bトレ専用レイアウト製作記(435)

癒しモードのときは、踏切の警報音も駅アナウンスも止めて
列車も時々しか(…といっても1分に1本程度ですが)列車が来ないようにして
かつスピードも遅いぐらいに調整したプログラムで運転です。

駅アナウンスなどが止まり静かになったので、ディーゼルのエンジン音がよく聞こえます。
予算とスペースの関係上、アメリカンなサウンドですが、私自身がDF200の走行音を聞いたことが無いので
まぁコレもアリかな…と納得していたりして…。

いつまで経ってもこのレイアウトに終わりは無いようです。

来年はこちらを表にして展示するとして、そのための仕掛けを盛り込んでいかなければ…。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー レイアウト DCC

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。