FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年おめでとうございます。



昨年は多くの方々に助けていただき、
・JAMコンベンションの大成功
・Nゲージマガジン掲載

という大きな目標を達成することができました。
本当にありがとうございました。

Bトレ写真(0001)

1月1日なので今年の目標を宣言しておきます。
有言不実行となる可能性もありますが、
目標を定めないと努力すらできませんので…。

また目標を明確にしておくことで、同じような考えを持つ方々と
協力できるんじゃないかな…とも思っています。

さて今年の目標は
(1) JAMコンベンション2014への参加
(2) 激団サンポールさんへの加入
(3) 新追兎電鉄の建設

になります。

■(1)JAMコンベンション2014への参加
Nゲージマガジンに掲載されたことで、実物を見てみたいとの反響が多く
作品発表のいい機会であるJAMコンベンションに出展することにしました。
ただし、前回の不具合箇所や、制作したが納得できていない箇所は
徹底的に作り直しての出展を目論んでいます。

■(2) 激団サンポールさんへの加入
自分が手がける自動運転が一段落できたので、参加させていただくことにしました。
昨年から不思議な縁の下で、私ごときをお誘いいただいていましたが
技術も実績も無い状態で躊躇していたところもありました。
Nゲージマガジン掲載で参加資格を手に入れたと思っていますので
出来るかぎりやっていこうと考えています。

■(3) 新追兎電鉄の建設
現在の追兎電鉄で実現できなかった要素を盛り込むために
基本コンセプトは同じままで、細部を大幅にレベルアップさせる計画です。
一番大きな違いは、レイアウトベースの一体化と、PECOフレキシブルレールの採用です。
旧追兎電鉄では、可搬性を重視し分割構造としたため、線路配置に無理が生じて
引込線の有効長が4両編成×2本(2013JAMでは6両編成×1本で運用)しかとれませんでした。
これを6両編成×2本に改めるほか、各種ギミックの組み込み対応や
電気配線の効率化を行う予定です。
「新追兎電鉄」の建設については、レイアウトプランの考え方やベース制作など当初から
すべてをブログ掲載しますので、自動運転をやってみたいと思う人の参考書になれば…と思っています。
そして厚かましくも、2年後のNゲージマガジン掲載を目指そうと企んでおります。

今年も引き続きよろしくお願いいたします。

私事ではありますが、1月上旬に
京王線つつじヶ丘(徒歩7分)から、京王線代田橋(徒歩2分)へ転居します。
新宿駅から8分(電車6分、徒歩2分)という好立地ですので
気軽に遊びに来てもらえると思います。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bトレ ショーティー レイアウト

コメントの投稿

Secre

No title

もの凄く遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

>Nゲージマガジン掲載で参加資格を手に入れたと思っていますので
イヤイヤイヤ・・・・・・
一昨年がピークで後は坂道を転げ落ちる石の如く(ry
新しい力でポンコツだらけのメンバーを引っ張ってって下さい。。。

プラン図を1月中に引いてしまいたいので、4月のトレインフェスタに出展するモジュールのサイズetcを教えて下さい。
宜しくお願いします。

Re: No title

芋さん

こんにちは、コメントありがとうございました。
ブログ放置状態だったので、返信が遅くなり失礼しております。

今年からは何事も後悔することが無いよう、すべてにおいて全力でやっていきます。
チカラ及ばすとも、遣り残しのないよう頑張ってみます。
最初から欲張りすぎると中途半端になりそうなので、小さなカーブモジュールから始めたいと思います。

よろしくお願いいたします。
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。