FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(10)外部分岐からの閉塞待ち



  さてプランニングも大詰め。  基本は旧追兎電鉄と同じ線路配置ですが、大きく変わったところは外部分岐が出来たことです。  この外部分岐には終端駅が繋がりますので、そちらへの分岐と合流が運転形態に加わります。  もともと完成形にちかいレイアウトに半ば無理やり外部分岐を入れた関係で、急カーブでの分岐となっているうえ、内回り線と外回り線の渡りが急カーブ上に設置できないため、約2閉塞分が運転形態によっては逆行することになります。  これにより分岐箇所を信号所扱いにして、内回り線・外回り線ともに場内信号を設置することになります。

■従来の場内信号の位置を移動させます。
新追兎電鉄の建設 024

  旧追兎電鉄では外回り線にのみ場内信号機がありましたが、従来の停止位置では支障があることが判明しています。  旧追兎電鉄の停止位置は余裕をもって設定しているため、その位置で停止すると外部分岐を塞いでしまうのです。  解決策としては、場内信号の停止位置をギリギリまで前に移動させることになりますが、オーバーランすると分岐に突っ込んでしまいます。


■ここまで場内信号停止位置を移動させるとOKかな
新追兎電鉄の建設 025

  従来は1閉塞だった場所を2閉塞にして滑らかで、かつ確実な停止を実現させる以外にありません。  これは外回り線が駅の場内信号で詰まった場合のこと。  ほかに考えることがあります。


■渡り線通過時に内回り線の停止
新追兎電鉄の建設 026

  外部分岐から列車が本線に戻ってくる際は、外回り線の一部区間を逆行してから渡り線で内回り線に転線します。  この時に内回り線の列車を信号待ちにしないといけません。  普通なら駅から発車させないようなケースですが、余裕の無いホーム容量ですから、少しでも早く列車を発車させてなければ…。  特に2番線は外部分岐の先にある終端駅から到着して折り返すために重要なところ…、接続が悪くなろうともホームを空けないことには、今度は駅手前で閉塞待ちになります。  そのため、この区間も閉塞を増やして列車の停止に備えます。


■渡り線通過時に外回り線の停止
新追兎電鉄の建設 027

  これも内回りと同じ。  全列車6両編成となると、分岐通過時間も長くなります。  旧追兎電鉄よりもシビアなダイアグラムを用意して、より確実な運転をしなければならなくなりました。


  サイズ、線路配置、コンセプトを同じとしたままの進化形とするなら、これぐらいはしないといけませんね。  基礎となるレイアウトベースは1mm単位の精度でカットできる業者に依頼済み。  加工材料が届いたらレイアウトベースの組み立てとなります。  まだまだ先は長いけど日にちはりません…JAMに間に合うのでしょうか?

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。