FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作記(No.15 03/28)レイアウトベース組立て(仮完了)

レイアウトベースの仮組みが完了しています。
ある程度は予想していたことですが、机上計算で出した寸法と実際に線路を並べてみた寸法では、結構大きな違いが出ています。
今回も分割レイアウトなので最終的には現物あわせになります。
そのためにもレイアウトベースの組立ては仮であっても急ぎたかったところです。


現時点ではレイアウトベース(下部の木工部分)とスタイロフォームならびに線路直下のベースが固着されていないため、強度的に少々不安も残りますが、完成時には横梁も入るので総合的な強度が出ると考えています。ちょっと軽量化しすぎたかもしれません。でもレイアウトの準備・撤収・メンテナンスを一人で出来るようにするためには、軽い方がいいに決まってますからね。


さて全景はこんな感じです。

2016-128.jpg
全景

横幅5400mmもあるので、リビングでないと運転できない大きさですが、こういうのがリビングに常設するわけにもいかないので、4つに分割して収納します。


第1工区 旧追兎電鉄部分
2016-129.jpg
この工区は前作と線路配置はほぼ同じです。
前作では、この工区だけで完結していて、エンドレスになっていたのですが、今回拡張版とするうえで、少しずつ変更をしています。
・留置線の収容編成長が4両だったものを6両に変更
・緩和曲線ならびにカントアプローチ直線を挿入
・カーブ半径の緩和

前作では4両編成しか収容できない留置線に無理やり6両編成を押し込んだ運転をしていました。留置線に6両編成が入っていると、本来2編成を留置できるはずなのが、1編成しか留置できない状態でした。

レイアウトの奥行きを420mmから520mにしたことで、カーブ出口に緩和曲線を入れることが出来ました。実際に走行する列車を見るとその効果はかなりのものです。
また緩和曲線に入るまでに車両の傾きをつけるアプローチ部分も直線として挿入できたので、超望遠レンズで見ているような列車の動きも本物同様にすることが出来ました。

カーブも従来の348mmから481mmに緩和して、ゆったりと走れるようになりました。
Bトレの特長として、急カーブも通過できる…というのがありますが、カーブは緩やかである方が見栄えがします。


第2工区 中間分岐部分
2016-130.jpg
この工区は終端駅への分岐があります。
直線部分は高架にしてみようかと…。


第3工区 緩急接続駅部分
第4工区 終端駅部分

2016-131.jpg
この第3工区にあるのは島式ホーム2面4線の緩急接続ができる駅です。
緩急接続は自動運転を始めた当初からやりたいことの一つで、自動運転当初のベニア平原レイアウトでもやっていたことです。

2011年のJAMの映像なので結構雑だったりするわけで…
(リンク) 2011年JAM出展時の映像 その1
(リンク) 2011年JAM出展時の映像 その2

各駅停車を急行が追い越す
当たり前だけど、やっている人は絶滅危惧種ほど珍しい存在。
だけど、眺めていて楽しいのはこういう駅ですよね。
駅も既製品を使いたくないので無理やりカーブホームにしています。
この駅に渡り線がありますが、極めて使いにくい配置です。
電気的に問題が多いダブルクロスを使わないとこうするしか無いんです。

第1工区の旧追兎電鉄部分が都市近郊(つまり田舎)っぽいので、ここは少し都会っぽくしようかと…。
いろんな車両を運転したいので、特定の年代や風景に偏りたくはないのですが、ここは仕方ありません。

鉄橋を渡った向こう側が終端駅となる第4工区です。
…がまだ線路配置が確定していません。
というかコンセプトがまだ…なんです。

こんな感じですが、鉄橋部分の第5工区(予定)はレイアウトベースも直線カットでは対応できないため、ちょっとプランを考え直しています。
2016-132.jpg
第5工区予定

2016-133.jpg
別の方向からの全景

とりあえず出来る部分から着手しますが、この大きさは感動ものです。
Bトレとはいえ、3駅間がズバっとストレートです。
7両編成の京阪2400系が小さく見えます。

こういう感じで少しずつ製作していきます。
電気配線との格闘があるので、列車が走るのはまだまだ先になりそうです。




駅名について

駅名は架空鉄道なので適当でいいのですが、愛着がないとやる気も出ないため、あれからいろいろ考えてました。

A駅(中線と留置線のある駅)=新宝塚(しんたからづか)
 前作の拡張版という位置づけもあるため、そのまま名前を踏襲

B駅(直線高架区間にある駅)=(未定)
 設定として、駅前から少し離れたところに大規模ニュータウンがある…ということで「みどりがおか」とかは?

C駅(緩急接続駅)=美久宮(みくみや)
 名前の由来については、またいずれ

D駅(高架区間の古い駅)=卯月(うづき)
 昔からある名前、地名っぽい感じ、追兎電鉄と近いイメージの名前

E駅(分岐駅)=逢坂神社(おうさかじんじゃ)、または湯沙見(ゆさみ)
 旧追兎電鉄にあった天神山にある神社。前作では「天神社」または「うさぎやま」と作家のY氏が命名してくれたけど、神社の名前って「天神神社」? よくわからないから語呂がいい「逢坂神社」としよう。
または…の名前はまぁ第二候補ってところで。

F駅(終端駅)=希海(のぞうみ)
 分岐して鉄橋を渡って終端駅というと「関西空港駅」のイメージなんだけどね。
 いま悩み中なのは駅をターミナル風にするか、臨港の貨物駅風にするか…。
 先日から何度か横浜の根岸駅に通っていたため、あの雰囲気が結構お気に入りだったり…、なぜなら関西であれほどタキがいる駅は無いし…。
 いずれにしても海に近いイメージ。臨海の臨は「のぞむ」なので「望」でもいいけど、ちょっとヒネって「希」としておく。「希海」で「のぞみうみ」か「のぞむうみ」…ちょっと語呂が悪いから「のぞうみ」

こんな感じでどうでしょうかねぇ



自己満足でやっていることではありますが、
多数ご訪問いただいているのに無反応では「やる気様」がまたいなくなるかも…。
製作のモチベーションを継続するために、よろしければ「クリック」をください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

お久しぶりです

お久しぶりです。
信号屋さんのカキコミを見て
久々に活動されているのに気がつきました。
レイアウトの規模をかなり広げられたようですね~
こちらは新居を作っており
模型部屋も設けるのでそちらで
固定型レイアウトを制作する予定です。
DCCに関しては制御機器をいろいろ仕入れてはいますが、新居出来るまで借家なため狭く広げられないので、泣く泣く放置です~

Re: お久しぶりです

小籠包さん

ご無沙汰しております。
家を新築とはますますパワフルにご活躍なんでしょうね。
こちらも新たに(…とはいっても中古ですけど)マンションを購入したので、このリビングは占有できるのですが、鉄道模型だけが全てではないため分割式で収納できるようにしています。
固定型レイアウトならば、制御機器もふんだんに設置できますし微妙なカーブや勾配も…、いまから楽しみで仕方ないでしょう。
新居完成したら、一度遊びに行かせてください。


新居

こちらは昨年転職した関係で
逗子は売却しすでになく江戸川区に住んでおります。
模型部屋は9畳ほどですし、模型や雑誌類の収納や工作部屋も兼ねるので、さほど広くはないと思います。
ただ逗子ほどは広くありませんが12畳くらいの多目的室もあるので、可搬式の分割モジュールレイアウトも作りたいと考えています。
完成したらお披露目?運転会をやろうと考えていますので、お声をかけさせていただきます♪

Re: 新居

小籠包さん

コメントありがとうございます。
それにしても都内で一戸建てを新築とは勢いがあり羨ましいかぎりです。
ぜひぜひ新しいお家とレイアウトを見せてください。
さらにフットワークが軽くなっているのでいつでも遊びに行けます。
こちらも新居の完成が楽しみになってきました。


> こちらは昨年転職した関係で
> 逗子は売却しすでになく江戸川区に住んでおります。
> 模型部屋は9畳ほどですし、模型や雑誌類の収納や工作部屋も兼ねるので、さほど広くはないと思います。
> ただ逗子ほどは広くありませんが12畳くらいの多目的室もあるので、可搬式の分割モジュールレイアウトも作りたいと考えています。
> 完成したらお披露目?運転会をやろうと考えていますので、お声をかけさせていただきます♪
プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。