FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作記(No.19 04/18) 架線柱の設置位置を検証する

前作でやり残した課題として「架線」があります。
今作では、やはり「架線」を張るということにコダワリたいと思っています。
架線を張っているレイアウトは少なからずありますが、実際に架線集電をしていないレイアウトでは、パンタ破損のリスク回避のため架線とパンタのクリアランスが大きすぎたり、カーブ区間の美観のため架線がショートカットしてたり…、でもどうせやるならパンタから集電しているかの如く、ギリギリまで調整してみたいものです。


今回のレイアウトはBトレ専用としていますが、線路配置は基本的に直線番長コースです。
両端のカーブこそ最小半径150mm(135度)もありますが、それ以外はすべて半径348mm以上となっています。
架線を張ることは、両端以外は比較的容易な線形です。


実際に急カーブ区間における架線の状態を検証しておきます。
Nゲージの一般的に急曲線である半径282mmを考えてみます。
90度カーブの場合で、30度ごとに架線柱を設置したとして考えます。

2016-148.jpg


一般的にパンタグラフは車両の端部(つまり台車の上)にあるので、架線は線路の軌間内にあればOKと考えます。
でも30度ごとでは架線がショートカットするのでカーブ区間ではパンタと架線が離れます。

2016-149.jpg

90度カーブで、22.5度ごとに架線柱を設置した場合でギリギリなんとか形になりそうです。

2016-150.jpg

それでもNゲージ車両が通過すると、約1両ごとに架線柱があるような感じで窮屈なイメージですね。


さて、Bトレ専用レイアウトで最小半径を検証してみると、

2016-151.jpg


机上計算では30度ごとに架線柱を設置すれば大丈夫そうです。
やはりカーブ半径が小さくなっているけど、起間は同じところの差が出ているかと…。


実際に架線柱を仮設置して検証してみます。

2016-153.jpg

赤い線が架線の位置になりますが、ショートカットすることもなく設置できそうです。

車両がした場合

2016-155b.jpg

2016-156.jpg

2016-158.jpg

2016-157.jpg

架線柱の密度は高いもののBトレの車体長が短いのでなんとか大丈夫かと…。
ここでもBトレのメリットは出ています。
実際、レイアウトでは前作同様に切り通し区間となるため、編成すべては見えなくなりますけどね。

2016-161.jpg

やはり架線があるといい感じになりそうです。
電鉄っぽいというか、架線を入れるだけで、かなり高級感もでそうです。


いろいろ遊んでいますが、無反応では「やる気様」がまたいなくなるかも…。
製作のモチベーションを継続するために、よろしければ「クリック」をくださいな。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。