FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作記(No.21 05/20) 緊急ミーティング開催(その1)


本日は追兎電鉄建設事務所に多くの人が集まっています。

どうやら社長が関係者を集めて会議をするようです。

参加者は以下のとおり

○社長:つまりこのブログの主である私

○土木部:レイアウトベース、山、川などの自然物から、駅やトンネルなどの人工物までなんでも作る

○線路部:鉄道模型の肝である線路の計画、敷設、保線を行う

○電気部:自動運転の必要な電気配線の計画、敷設、信号制御も請け負っている

○車両部:車両の製造・改造から日々の検査まで車両に関することを全て担当

○運輸部:列車の運行、駅業務、ダイヤ作成を担当している

○総務部:上記のどれにもあてはまらない業務を担当。通称なんでも屋、秘書もやってる




社長:本日は追兎電鉄新線の建設遅延について、緊急ミーティングを実施します。
   忙しい中、集まっていただき感謝します。
   遅延の原因を洗い出し、情報共有をしていきましょう。
   現在は第1工区で線路敷設が止まっているようですが…   

線路:線路敷設が止まっているのは訳があります。
   緩和曲線やアプローチ部分の設計を十分検討して線路プランは出しましたよ。
   でも土木部の工事が進んでいないんです。
   土木工事が終わらないと線路敷設は出来ないです。

土木:いやそう言われても、電気部でフィーダー位置の確定が出来ていないので…

線路:フィーダー位置が決まらないと土木工事できないんですか?

土木:そうですね。フィーダー位置というか閉塞区間をどうするかです。
   鉄橋の真ん中にフィーダーを入れると電線の隠蔽ができません。
   また閉塞位置によっては信号機のスペースを確保が難しい場合があります。

社長:では土木工事が進まないのは電気部のプラン決定が遅れているからですか?

電気:申し訳ございません。
   一度はプランを確定させたのですが運輸部より条件が追加されたので…

社長:その条件とは?

運輸:はい、計画では運転する列車は最大6両編成でしたが、
   今回のモデル路線である阪和線にあわせて
   車両部が225系5000番台を大量に新製したものですから…。

社長:車両新製と電気プランに関係があるのですか?

運輸:223系2500番台が4編成、225系5000番台が4編成となりましたので、
   関空快速/紀州路快速のような分割併合するダイヤを組みたいと思いまして…。

電気:従来は1編成に1デコーダでしたが、分割併合するとなると2デコーダになります。
   HOゲージやNゲージ車両でしたら、
   先頭車で列車位置検出をするため2デコーダでも問題はありませんが、
   我が社の車両規格はBトレですから、
   動力車位置が変更になると、閉塞区間も変更となるわけです。

土木:では分割併合を自動運転する目処はあるのですね。

運輸:計画的には可能だと思っています。

土木:あいまいな表現ですが、出来るんですか?

運輸:試験走行をしようにもテスト線が未開通のため机上での理論ですが…。

社長:自動運転で分割併合は難易度が高すぎませんか?
   連結開放したかどうかの検出が出来ないので、開放失敗した時にダイヤが破綻します。

電気&運輸:引き続き検証実験を行います。

土木:では従来案と分割併合案のどちらになっても対応できるように、
   閉塞区間を細かくして線路敷設すればいいんじゃないですか?

電気:我が社が採用しているKATO社の線路でフィーダー付線路は直線しかありませんし、
   電気の接点が1点でしかないため信頼性に欠けます。
   不具合交換が難しいため、基本フィーダー付ジョイナーで給電するかし…。

土木:それの何が問題なんですか?

線路:短い線路の連続となるため、列車通過時のジョイント音が美しくありません。

総務:閉塞区間をむやみやたらと設定すると位置検出にお金がかかります。
   予算も限られているんです。

電気:はい、閉塞区間が変わると信号機の位置も変わりますし…。

社長:そうなると分割併合が工事遅延の原因ですか?

車両:社長が「阪和線なら日根野分割だ」というものですから…。

総務:ヤフオクで225系5000番台が安いという理由だけでポチっちゃうし…。

社長:では原因は私…ってことですか?

一同:そういうことになりますね。

総務:まったくです。計画性もなく思いつきで動くのですから
   私たちの身にもなって考えてください。

社長:わかりました。分割併合を考えないなら進捗するのですか?

土木:いままでの状況を鑑みると途中までは進捗するでしょうけど…

電気:まずは従来案で閉塞区間とフィーダー位置を決めて

線路:ギャップとフィーダー位置を考慮して線路を組みなおす

土木:フィーダー位置の邪魔にならないように情景を作成する…

総務:これって普通のレイアウト作成手順とはぜんぜん違いますよね。

電気:自動運転をするというのは計画段階が最も重要なのです。

土木:電気配線が確定したらレイアウトベース裏の補強も出来る。
   まぁ暫定的だけど、少しは進むかな…。

社長:分割併合を諦めても少ししか進捗しないのですか?

土木:このレイアウトは分割収納式でしょ?社長覚えてます?

社長:もちろん覚えてますよ。
   全長5mを超えるレイアウトをリビングに常設は出来ないですからね。

土木:いまはレイアウトベースだけなので積み重ねもできますが
   今後、地形や線路が出来ると積み重ね出来ないですよ。
   収納は考えているんですか?

社長:オカモチ個別方式を考えていたんだけど、それだと棺桶っぽいし…。
   4段式にすると部屋の圧迫感もあるし…

線路:とにかく私たちが作業できるように環境は整えてください。

電気:棺桶が嫌なら4段式をアクリルケースで作成したら…

総務:そんな予算はどこにもありません。

車両:とにかく原因は社長にあるということで…。

一同:異議なし

総務:では社長は今月中に収納方法をどうするか決めておいてくださいね。

社長:……

総務:今回のミーティングは閉会します。
   各部は出来ることを見つけて着手していってください。

社長:よろしくお願いいたします。


こんな感じで作業が進まないわけです(言い訳)


グダグダな状況が伝わりましたでしょうか?
ブログランキングが10位以上になったら、1日会社を休んで作業します。
製作のモチベーションを継続するために、よろしければ「クリック」をください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

しんじ

Author:しんじ
【完全自動ダイヤ運転に挑戦中】
2011年 国際鉄道模型コンベンションに初出展。
2012年 固定レイアウト製作開始。
2013年 国際鉄道模型コンベンションへ出展。
2013年 Nゲージマガジン掲載。

駅があるのに停まらない。通勤電車なのに新幹線のように暴走している…のが我慢できず、リアルさを追及した運転を目指すが挫折。結論からいうと、そういう運転は疲れるわけです。…ならばパソコンにすべて制御させてしまえば…というのがキッカケです。

もともとBトレや小さい車両が好きだったわけですが、自動運転をするには閉塞区間を短くする必要があり、ますます小さい車両にハマり中。
自動運転だけでは物足りず、駅アナウンス、信号制御、サウンドなど技術面を盛り込んで製作したレイアウトが雑誌掲載されたので燃え尽きていました。

でも誰もやっていないことがしたくで新しいレイアウト製作を開始しました。
駅を複数設置したレイアウトで各駅停車と急行が同時走行してダイヤグラムどおりに緩急接続するシーンを再現したい。

「パソコン制御による完全自動ダイヤ運転」

技術的にできる人はいるかもしれないけど、やっている人を見たことがない。
ならば比較されることもないから、思いっきりやっちゃえ…です。

技術面でまだ克服しないといけない部分が多いので、ご指導いただける方はいらっしゃいませんか?

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。